「37.5℃の涙」ネタバレ注意♬

働くママの見方

 

 

 

泣ける・・・共感出来る話が詰まってます

 

 

 

病気の我が子を残してまで仕事に行きたくない

 

 

 

けど休めない

 

 

 

私が働かなければどうやって子どもを育てていけばいいの?

 

 

 

という母親の葛藤に共感してしまいました。

 

 

 

あと 

 

 

 

残された子どもの気持ちも痛いほど感じました

 

 

 

 

 

「あなたのことが、だいすき。」愛する人へ、ただ、伝えたい言葉――。

 

 

 

 

病児保育士として

 

 

親として

 

 

子として

 

 

上司として

 

 

部下として

 

 

母として

 

 

父として

 

 

ひとりの女として。

 

 

笑いあり、涙あり、

 

 

桃子の成長と共に紡ぐ親子のストーリー

 

 

 

「37.5℃の涙」をまんが王国でお得に読むにはこちらをクリック!

 

 

 

熱があって保育園に行けない園児のお宅へ

 

 

 

保育士を派遣するリトルスノーに

 

 

 

新人保育士として働くことになった主人公の桃子。

 

 

 

 

タイトルである37.5℃というのは

 

 

 

子供が保育園に行けるボーダーライン。

 

 

 

共働きの親はどうなるの?

 

 

 

会社休めないし・・

 

 

 

母親の私ばっかり押し付けて・・

 

 

 

 

身動きの取れない親たちに手を差しのべる存在

 

 

 

「病児保育士」。

 

 

 

病気のこどもを人に預けて仕事に行くのは

 

 

 

果たして“親失格”なのか?

 

 

 

愛情とは 家族とは 親とは――

 

 

 

答えの出ない問題に

 

 

 

笑わない病児保育士・桃子が真っ正面から切り込む!

 

 

 

最後には必ず笑顔になれると信じて。

 

 

 

「37.5℃の涙」をまんが王国でお得に読むにはこちらをクリック!