「とりかえ・ばや」感想・ネタバレ注意☆☆☆

期待を上回る素晴らしさ(^^♪

 

 

 

 

男として生きていく女性と、女として生きていく男性。

 

 

 

 

心の描写  本能的な感覚

 

 

 

色んなところが惹き込まれました!

 

 

 

 

 

「とりかえ・ばや」をまんが王国でお得に読むにはこちらをクリック!

 

 

 

 

 

こんにちは

 

 

 

すずのです♬

 

 

男らしい姫君と女らしい若君 

 

 

 

それなら いっそ とりかえてしまいませう―――

 

 

 

ベテランのさいとうちほが、新たな衝撃作をスタート! 

 

 

 

”男女逆転ドラマ”の原型である古典「とりかへばや物語」を大胆にアレンジ。

 

 

 

男として生きる女君・沙羅双樹

 

 

 

女として生きる男君・睡蓮の禁断の運命は―――!?

 

 

 

 

 

美しすぎる画で 男性陣 狩衣姿が たまらなく

 

 

 

カッコいい。。

 

 

 

目の保養にもなりました♪

 

 

 

沙羅双樹の姫君と睡蓮の若君

 

 

 

藤原 丸光(超上流階級貴族)には大きな宮殿の

 

 

 

西と東に二人の奥方がおりました

 

 

 

あるとき2人の奥方がはぼ同時に妊娠そして出産

 

「とりかえ・ばや」をまんが王国でお得に読むにはこちらをクリック!

 

 

 

 

西に生まれたのは姫

 

 

 

庭に咲く花のように気高い子になるようにと

 

 

 

沙羅双樹の姫君」と名づけられました

 

 

 

東に生まれたのは若君

 

 

 

生まれたそばに美しい睡蓮が咲いていたところから

 

 

 

「睡蓮の若君」と名づけられました

 

 

 

二人は母親は違えど父親は同じ

 

 

 

 

そのせいか二人の顔はまるで双子のようにそっくり

 

 

 

そのためか成長するにつれ宮殿内で

 

 

 

沙羅双樹の君と睡蓮の君はよく間違われるようになりました

 

 

 

見た目はソックリでも中身は・・・

 

 

 

沙羅双樹の君は女の子とは思えないほど

 

 

 

おてんばに成長しました

 

 

 

対して

 

 

 

睡蓮の君は女の子と遊ぶのを好み 男は父親でさえ怖がる始末

 

 

 

 

この二人まるで性別を間違えて生まれてきたようです

 

 

 

そしてある日二人は出会うのです

 

 

 

自分と瓜二つの顔をした者に・・・

 

 

 

 

宮中の嫉妬

 

 

 

陰謀に負けず

 

 

 

双樹と睡蓮二人とも

 

 

 

心まっすぐなまま精神的にも成長していく姿が

 

 

 

応援したくてたまらなくなりました♡

 

 

「とりかえ・ばや」をまんが王国でお得に読むにはこちらをクリック!