「おまえの匂いに我慢できねえよ」感想・ネタバレ注意♬

こんにちは

 

 

 

すずのです♬

 

 

 

まんがの 題名が、

 

 

 

気になって気になって仕方がなかった

 

 

 

「おまえの匂いに我慢できねえよ」をまんが王国でお得に読むにはこちらをクリック!

 

 

 

こんな言葉言われたら

 

 

 

ショック(ToT)/~~~でたまらない!!

 

 

 

「おまえの匂いに我慢できねえよ」を読みました|д゚)

 

 

 

引き寄せられ唇を奪われ 高鳴る私の鼓動。

 

 

 

でも、彼が突然キスをしたのは…

 

 

 

私が「くさい」から!?――

 

 

 

高校1年生の苺花は

 

 

 

クラスの一匹狼、薫と一緒にお昼を食べている。

 

 

 

ひょんな事から始まった2人の時間。

 

 

 

だが、それには薫から出されたある条件があった。

 

 

 

それは「お互いの距離を80センチは保つ事」――しかし、

 

 

 

うっかり条件を破ってしまった苺花。

 

 

 

 

 

その瞬間、薫にキスされてしまう。

 

 

 

 彼は咄嗟に謝ると

 

 

 

自分が「超嗅覚」の持ち主だと語り出し…――

 

 

 

フェロモンを嗅ぐとオオカミ化しちゃう男子!?

 

 

 

そんな彼との甘酸っぱい日々が始まる!

 

 

 

そう!

 

 

匂いテーマのおはなしです。

 

 

最初の「お前臭いから 近寄るな!」

 

 

なんてお男子に言われたら

 

 

ショック(´;ω;`)で 学校に行きません・・・

 

 

私だったらね!(^^)!

 

 

ラブストーリーまんがなので そうなりなせんよ♬

 

 

 

匂いフェチの 薫と苺花の

 

 

 

ドキドキする恋の おはなし

 

 

クールな薫が 読んでいて ひかれていきますね♡

 

 

「おまえの匂いに我慢できねえよ」をまんが王国でお得に読むにはこちらをクリック!