読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「七つ屋志のぶの宝石匣」感想・ネタバレ注意♬

こんばんは☆彡

 

 

 

すずのです。

 

 

 

 

やっぱり面白い!まんがです!

 

 

 

 

「七つ屋志のぶの宝石匣」をまんが王国でお得に読むにはこちらをクリック♬

 

 

 

 

 

多分天才肌の天然ヒロインにイケメンの組み合わせで

 

 

 

「のだめ」好きなら間違いない感じですね!

 

 

 

 

このまんが、カバーの後ろの折り返しに

 

 

 

 

その巻で登場する宝石の写真が掲載されているんです(^^♪

 

 

 

 

石や宝石に興味ある人には

 

 

 

たまらない!!でしょう。。

 

 

 

それに!作者の二ノ宮知子さんは

 

 

 

 

自身実際に宝石鑑定士の学校へ通って

 

 

 

「七つ屋志のぶの宝石匣」のまんがを描かれているのは

 

 

 

びっくりしました!

 

 

 

 

七つ屋志のぶの宝石匣

 

 

 

主人公の質屋の娘・志のぶは

 

 

 

宝石のオーラが見える不思議な高校生です。

 

 

 

 

江戸時代から続く老舗の質屋・倉田屋の高校2年生の娘・志のぶは

 

 

 

 

宝石の「気」を感じる不思議な力を持っています。

 

 

 

宝石から地球の雄大さを感じ

 

 

 

 

真贋を見抜くその天賦の才能を活かして

 

 

 

 

店でも宝石限定で鑑定を任されています。

 

 

 

 

そんな志のぶには婚約者が。。

 

 

 


歴史に名を残す名家の跡取りとして生まれた北上顕定は

 

 

 

家の没落・一家離散により、幼少期に倉田屋に質入れされる。

 

 

 

 

当然のことながら、人間の質入れなど受け付けていないが

 

 

 

 

通常3か月の質草預かり期限を3年とし

 

 

 

それが守られなかった場合は店主の孫娘と婚約させるという契約が成立する。

 

 

 

顕定はそのまま倉田家で育ち

 

 

 

質屋の仕事を学びながら鑑定眼を養う

 

 

 

 

北上家から離散した宝物類の行方を探すため

 

 

 

高級ジュエリー店の外商として

 

 

 

各界のセレブたちとの繋がりを得ていく。

 

 

 

 

このまんがは「宝石×質屋」という設定で

 

 

 

「知らなかった世界」なのでとても興味深いです。

 

 

 

 

質屋に売られた顕を含め他のキャラクターとの絡みも

 

 

 

かなり面白いまんがです(^^♪

 

 

「七つ屋志のぶの宝石匣」をまんが王国でお得に読むにはこちらをクリック♬