「監禁嬢」の感想・ネタバレ注意♬

こんばんは☆彡

 

 

すずのです。

 

よく意味のわからない まんがを読みました(^^♪

 

「監禁嬢」をまんが王国でお得に読むにはこちらをクリック♬

 

 

「高校の教師である主人公の男性が、ある日気付くと見知らぬ女性に監禁されていた。」

 

 

という宣伝文句に好奇心を煽られ、1,2巻と購入して読んでみました。

 

 

第一印象として印象深かったのは、

 

 

とにかく主人公につきまとう見知らぬ女性がコワい!

 

 

 

漫画に限らずストーカーものや監禁ものというのは大抵、

 

 

男性が加害側で女性が被害者なことが多いという勝手なイメージがありましたが、

 

 

この漫画を読んでいると

 

 

着実に1番嫌な精神攻撃を繰り出す見知らぬ女性の行動からも

 

 

 

「スイッチが入ると本当に怖いのは男性よりも女性の方かもしれない」と感じさせられました。

 

 

特にゾッとさせられたのは、

 

 

監禁加害側の女性が知らぬ間に主人公の妻に接触し

 

 

 

仲良くなって「妻の友達」として主人公の前に現れたシーンです。

 

 

逃がさないよ、という意思と執念を感じ

 

 

実際にこういう女性に付きまとわれたら精神を病んでしまうかも…と思いました。

 

 

現時点ではまだ2巻までしか発売されていませんが、

 

 

妻子のある普通の30代の男性が、なぜいきなり監禁されたのか?

 

 

見知らぬ女性の正体は?など

 

 

 

「監禁嬢」をまんが王国でお得に読むにはこちらをクリック♬

 

 

まだまだ伏線だらけで先の展開が楽しみです。