「監禁嬢」を読んでみたよ!感想・ネタバレ注意♬

こんにちは

 

 

すずのです。

 

 

まんが「監禁嬢」1話を読んだ感想です。

 

 

 

「監禁嬢」をまんが王国でお得に読むにはこちらをクリック♬

 

 

主人公の岩野裕行が目覚めると

 

 

彼は全裸で鏡の前に拘束されていました。

 

 

見知らぬ女がそばにいて彼女がこの状況を作ったようです。

 

 

冒頭の女の目が大きくなるシーンは鳥肌が立ちました。

 

 

明らかにこの女が異常だということが一目で分かります。

 

 

そして手で目隠しをされていた彼の戸惑った顔も自然だと思います。

 

 

彼は奇妙な拘束をされていることは理解できますが

 

 

なぜこうなったのかが分からないのです。

 

 


女は彼の名前を聞いたり写真を見せてきます。

 

 

写真には妻の岩野美沙子と子供の日輪子の姿が写っていました。

 

 

彼は二人に何かされたのかと激怒しますがすぐに冷静になりました。

 

 

彼の方が監禁されているために二人はまだ無事だと考えられます。

 

 

 

彼は子供のおむつを買いに行っている時に

 

 

ある女性が倒れているのを発見しました。

 

 

介抱しようと彼が近づいた瞬間にスタンガンで攻撃されました。

 

 

ここまでは全く彼に悪意はないので攻撃の理由は不明です。

 

 

こうして彼は気を失ってここまで連れてこられたのでした。

 

 

次の写真は藤森麻希という彼が担任している生徒でした。

 

 

恋愛のもつれのような感じはありますが彼は否定します。

 

 

女は彼を弄び自分をカコだと名乗りました

 

 

女の方は彼の事を良く知っているようで先の展開が気になります。

 

 

「監禁嬢」をまんが王国でお得に読むにはこちらをクリック♬